家政婦と子供

家政婦として働く上で避けては通れないのが子供の問題です。家事や炊事はもちろんの事、子供の面倒を見てもらいたいという依頼も当然あります。名古屋の場合、大都市ですからバリバリ働いている人も多いです。その間子供を見てもらいたいと考える人もいるのですが、子供に関しては家政婦としての腕の見せ所ではあります。家事や炊事の場合、相手が何かを言ってくるような事はありません。

物を相手にしている以上、マニュアル通りにこなしていれば問題ないのですが子供に関しては子供と言っても十人十色ですから、他の子に通用したようなあやしが目の前の子には通用しないケースも珍しくありません。臨機応変さや応用力が試されるのが子供の面倒になるのですが、子供を見るような家政婦の場合、大きなチャンスでもあります。子供に気に入られれば自分でなければならないお仕事が一つ出来る事になります。

親としても子供と合わない家政婦よりも子供も喜んでくれるような家政婦を依頼したいと思うものです。つまり、子供の面倒を上手く見る事が出来るようになれば家政婦としての力量を上げてくれるだけではなく、自分自身のステータスをも上げてくれる事になるかもしれないのです。