名古屋の家政婦は凄さ

名古屋で家政婦として働いている人たちの凄さは家政婦としての能力ではなく、むしろ名古屋という風土や文化を理解している点にあります。つまり、名古屋の依頼主の事をしっかりと理解しているのです。何が求められているのか。どうすれば良いのか。このような点をしっかりと把握している家政婦がとても多いのです。

基本的に名古屋の人間はプライドが高いと言われています。負けず嫌いで内に闘争心を秘めつつ、どこか言葉遣いもきつく、さらには自分からはあまり頭を下げません。少々意固地な所があるのが名古屋人の気質と言われているのですが、そのような気質である事を十分に理解した上で家政婦として働いているのです。どのような事を言うと怒らせてしまうのかを分かっていますので、言葉づかいも丁寧です。

また、家政婦は依頼主と近い存在になるものではありますが、あくまでも仕事として赴いているのだという事を忘れません。かつての家政婦のようにまるで第二の家族のように親身になっていろいろな事をお世話するのではなく、ビジネスライクな現代の家政婦として職務に忠実なのです。家政婦として働こうと思うとついつい力みがちではありますが、名古屋の家政婦は家政婦に求められている事を熟知しているのです。