家政婦に求められる事

名古屋の家政婦に求められる事、それはやはり名古屋の気質を理解し、言われた事を忠実にこなす能力です。気が利くかどうかも大切ではありますが、気が利くという事は言われない事を出来る能力でもあります。本来の指示にはないものの、相手の事を考えてこうした方が良いのではないかと思うような事を実践する事で相手の力になる事はとても素晴らしい事ですし、誰にでも出来るような事ではありませんが、それは家政婦ではなく秘書の役目です。

似たような存在ではありあすが、秘書と家政婦は全くの別物です。秘書の場合、社長の片腕となって会社の利益に貢献する事が求められるのですが家政婦の場合は片腕的な存在になるのではなく、言われた事に対して忠実であるべきであって、自分自身であれこれ考える事が求められているのではありません。アクティブな物が求められているのではなく、職務に忠実である事が求められるのです。

これは逆説的に捉えると、アクティビティに溢れているとどうしても合理性や効率性を追求してしまうものですが、そのようなものは不要なのです。あくまでも言われた事に対して忠実であるべきか否かが問われているのですから、その点は勘違いしてはならないのです。