名古屋の家政婦の気質

名古屋の家政婦として働くという事は、言い換えれば名古屋の人間と接する事になります。そのような環境で家政婦に求められる気質は何と言っても名古屋の人間のプライドを損ねず、言われた事をしっかりとこなす事です。名古屋の人間の特徴としてはプライドが高く負けず嫌い。そして自分が正しいと思っている部分があります。家政婦として名古屋の人間の下で働く上で、これらの名古屋人の気質は理解しておく事が家政婦としての役目でもあるのです。

つまり、こちらの方が正しいのではないかといった提案はご法度以外の何物でもないのです。そのような提案をしたとしても、機嫌をそこねてしまうだけでしかないのです。そのような事にならないためにも相手の事を尊重し、指示に対して従順である事が求められます。家政婦は会社の同僚でもなければ同じプロジェクトに向き合っているパートナーでもありません。

あくまでも仕事で家事等を行う存在ですので、依頼主に対してあれこれ言うのではなく、何をするべきなのか。自分自身だけで勝手に判断するのではなく、あくまでも指示通りに行う事が求められているのです。失敗するとか効率が悪いとかという事は、家政婦側が考える事ではないのです。